誇りを持てる仕事「介護業界」

 

高齢化に伴い今後ますます必要とされているのが、福祉の仕事です。2000年の介護保険制度の開始から民間企業による介護サービスの提供が全面的に認められ介護業界の規模は増加傾向にあると言えます。

しかし、この仕事はよく「3K」と言われています。つまり「きつい」「汚い」「きびしい」といったイメージが付きまとっているようですが、現場で働く方は、この仕事に誇りを持って働いている人が大多数です。それは専門職であるから、そして高齢者や障害者のために働くという使命感があるからです。

介護の仕事をしたいけれど、いろいろ不安がある方も多いと思いますが、感動する出来事も多く、人から感謝されたり、利用者の方から色々な事を教わったり、得るものが多いのがこの業界の醍醐味と言えるでしょう。

 

介護の現場では、幅広い年齢層のスタッフが働いており、色々な年代の力を必要としています。やさしい心があれば、未経験でも楽しく仕事が出来るのが介護の仕事の特色です。そしてこのお仕事は、介護の専門職として資格を取得し、より専門性を高め、キャリアアップすることが可能です。

 

 

カイトの仕事

 

未経験でも大丈夫、着実に成長できます。

介護・障がい福祉施設8事業所を運営しているカイト。社会的ニーズの高まりを受け、その役割もますます大きなものになると考えております。

カイトは家庭的でこじんまりとした生活空間の中、「笑みがこぼれる家庭」をコンセプトに、利用者が支援を受けながら自分でできることは自分で行い、出来ない部分をさりげなく支援しています。イキイキ、ワクワク仕事をしたい方にとっては、うってつけの環境。未経験者でも大丈夫、着実に成長できます。

施設長インタビュー

幅広い知識と経験を持った先輩社員がお待ちしています。ぜひご覧ください。

施設長インタビューはこちら