再会②

告別式は沢山の友人が来ていた。12月のくそ忙しい時期だった。

好きだったという曲がリピートで流れていた。「粉雪」という曲だった。

ここでJPOPかと心の中で突っ込んでいた。確かにいい曲だけど。

喪主のお父さんの最後の挨拶が気の毒でしょうがなかった。

何故、こんな結果となったのか。

考えてもしょうがないから考えるのはやめた。

帰りは男子寮の友人たちと飯を食いに行ったのか。当時の話で盛り上がった。

みんなでサトシの話ばかりだった。

 

それから、大分、時間が経った。

俺は結婚し子供が出来、新しい家族ができた。他の友人たちも似たようなもので。

やっとこの時期に時間が取れたので初めて友人と墓参りに行った。

サトシの実家は想像してたものと違い豪邸だった。墓も大分、立派だった。

立派すぎてあっけにとられてしまっていた。

実家ではお母さんと妹さんがほんと、歓迎してくれた。ありがとうございます。

お約束かのように昔の写真を見せてくれた。

大学時代の写真がたくさんあった。みんなで撮った写真も多かった。

みなさんそうなんだろうけど、当時の写真を久々にみるとみんな、恥ずかしいくらい調子にのりまくっていた。

7年ぶりに会うサトシは、当たり前だが記憶と変わらぬ姿でそこにいた。

永遠に若いなと思った。こっちはもう一回りも年上だ。

 

思い返せば何かできたわけでもなく、気づけたことも一つもない。

過ぎたことに何かできたのではとか考えてもどうしようもない。

ただ、我々にとって大事な友人であることにはこれからも一生変わらない。

一生変わらないというのは、ずるいな。

だから、また来年も来ようと思った。それまで、ゆっくりと。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    Kip Stockton (金曜日, 03 2月 2017 04:10)


    Every weekend i used to pay a visit this site, for the reason that i want enjoyment, for the reason that this this website conations truly nice funny stuff too.

  • #2

    Mia Chabolla (金曜日, 03 2月 2017 17:08)


    Thanks for every other magnificent article. The place else may just anyone get that type of information in such a perfect method of writing? I've a presentation next week, and I am on the search for such info.

  • #3

    Wendie Flore (日曜日, 05 2月 2017 21:04)


    Remarkable things here. I am very happy to see your post. Thanks so much and I'm taking a look ahead to contact you. Will you please drop me a mail?

  • #4

    Luis Matthes (月曜日, 06 2月 2017 00:18)


    Do you have any video of that? I'd like to find out some additional information.

  • #5

    Theron Poplawski (月曜日, 06 2月 2017 02:48)


    If some one desires to be updated with most up-to-date technologies therefore he must be pay a visit this website and be up to date daily.

  • #6

    Nisha Letts (月曜日, 06 2月 2017 19:35)


    I will immediately seize your rss as I can not find your email subscription hyperlink or newsletter service. Do you've any? Please permit me realize so that I may subscribe. Thanks.