夏の終わり

夏の終わりというと森山直太朗の曲を思い出す。この前、ラジオでこの曲によって森山直太朗は季節労働者としての確固たる地位を築いたと話していて車中で一人吹き出した。