せごどん

高い理想を持って理想を追求しようとする素晴らしい介護人材はたまにいる。

そういった人間達の集まる組織・事業所を作ること、

非常に難易度高いことだと思っていた。

そこそこいい線までは行くんだけどね。

 

先日、出会った経営者の一人にせごどんみたいな人がいた。

せごどんは大きく介護事業所を展開し、その周辺事業も展開し、何より儲かっている雰囲気が満々だった。

福祉の世界では、儲けは悪みたいな考え方している人は0ではない。

しかし、最近、家を建てたり、子供が生まれようとしたりしているいわゆる人生の勝負所に果敢に立ち向かう同志達を自社の社員として関わってもらっている経営者の立場としては儲かったり安定した企業基盤をどう作っていくかがとても大事だし年がら年中そのことばっかり考えているといっても過言ではない。

 

せごどんは果敢に挑戦し、勝ち続けている印象だった。

そして、何より社員達のキャリアアップを実現していた。

結果、さらに良い人材がこれだけ人材難の時代に勝手に集まってくるという偉業を成し遂げていた。

そして何より地域包括ケアシステムを自分たちで実現してしまいそうな勢いを持っていた。

 

世の中、すごい人たちはたくさんいる。

尊敬の念と同じタイミングで、悔しさがこみ上げてきた。

自分の今まで行ってきたこと。

順風満帆であった時などないが、まだまだいけんじゃないの?という気持ちが改めて湧きまくってきている。

自分のため、家族のため、社員のため、利用者様のため、

自分の持っている能力をさらに生かし

西郷隆盛に負けないよう、結果を残していかねばいかん。